冷え性とは?

冷え性や冷えとはよく聞く言葉かもしれません。ですが、いったいどういった状態のことを冷え症と呼ぶのでしょうか?

冷え性の現状
現在日本の成人女性の二人に一人が冷えを感じています。この「冷え」、はたして放っておいて良いものなのでしょうか?
「冷え」と「冷え性」①
「冷え」と「冷え性」の違いはなんでしょうか?その違いは、冷える「原因」にあります。
「冷え」と「冷え性」②
「冷え」と「冷え性」。「冷え性」は体の中でホルモンなどのバランスが崩れたときに起こります。
「冷え」と「冷え性」③
「冷え」が外部の要因によって起こるものであれば、「冷え性」とは、脳の視床下部という部分が密接にかかわっています。
西洋医学における冷え性①
同じ医学でも西洋医学と東洋医学では考え方が異なります。西洋医学における冷え性は「自律神経失調症」となります。
西洋医学における冷え性②
西洋医学においては冷え性もその症状の一つだとされる「自律神経失調症」。ではこの自律神経失調症になる原因はなんなのでしょうか?
東洋医学における冷え性①
東洋医学における冷え性は「瘀血」。おけつ、と呼ばれています。これは血行不良の状態を示す言葉です。
東洋医学における冷え性②
東洋医学では冷え性は瘀血(おけつ)といわれます。また、その瘀血は「血の道」とも言われています。
冷えから起きる病気①
冷え性、冷え自体は大きな病気ではないかもしれません。しかし決して侮ってはいけないものなのです。
冷えから起きる病気②
冷え性になっている人は、他にも多くの症状を抱えている人が多いのが特徴です。そういった症状は合併症といわれます。
冷えから起きる病気③
冷え性にはいろいろな合併症が出てきます。女性特有の婦人病もこの合併症に含まれます。
冷え性になりやすい人①
冷え性にはなりやすい人、なりにくい人がいる、といわれます。東洋医学の観点から冷え症になりやすい人、なりにくい人についてみてみましょう。
冷え性になりやすい人②
冷え性には本人の体質を示す「証」という考え方を重視しています。その「証」を見ると、自分が冷え性になりやすいかなりにくいかがわかります。
冷え症になりやすい人③
冷え性になりやすいのは、東洋医学における「虚証」の人だと言われます。では虚証の人とはどういった特徴のある人なのでしょうか。
冷え予防による効果①
冷え性は血流が悪くなって起こるもの。この血流の悪さを改善することにより、冷え性以外の部分でも効果があると考えられます。
冷え予防による効果②
冷え性でもファッションや美容に気をつけたいもの。ですが、あまり度を越えると体が悲鳴をあげてしまいます。
冷え予防による効果③
最近は夏でも冷やされることが多くなってきました。しかし少しの注意で体を冷やさないよう予防することは可能です。
冷え性チェック①
自分が冷え性かどうかご存知でしょうか?ここにあるチェックにいくつもあてはまるようでしたら、冷え性の可能性が高いと言えます。
冷え性チェック②
自分が冷え性だという自覚のない人。そんな人でもここにあるチェックにいくつもあてはまっているようならば立派な冷え性予備軍です。もしかしたら自分の気づかないところでもう冷え性になってしまっているかもしれません。