冷え性のタイプ

一言に冷え性、といっても、全員が同じ「冷え性」とは限りません。冷え性には原因や症状の内容によっていくつかのタイプに分類されるのです。

皮膚温度上昇タイプ冷え性①
最近、冷え性の人が増えていると言います。しかも新しいタイプの冷え性が出てきているというのです。
皮膚温度上昇タイプ冷え性②
皮膚温度は他の人よりも高いのにもかかわらず冷えを訴える「皮膚温度上昇タイプ冷え性」。このタイプの冷え性はさらに「かくれ冷え性」と「次世代型冷え性」にわかれます。
末梢血管収縮型冷え性
末梢血管収縮型冷え性。名前は難しいですが、皆さんが一番よく知っている、手足の先が冷える冷え性のことです。
内臓温度低下型冷え性
内臓温度低下型冷え性の人はお腹の部分によって温度差があるといわれています。それはお腹の下部がうっ血しているからです。
甲状腺機能低下型冷え性①
甲状腺は内分泌器官と呼ばれる大切な器官。冷え性にも大きく関わるホルモンを分泌する器官です。この器官の機能が低下することは冷え性を呼び起こす大きな原因となります。
甲状腺機能低下型冷え性②
甲状腺機能低下型冷え性は、甲状腺の機能が低下することにより起きる冷え性です。この甲状腺機能低下型冷え性の場合、冷え性以外にも様々な症状が出ることが考えられます。
循環不良型冷え性①
循環不良型冷え性の大きな原因は貧血や低血圧。血液循環が不十分なことから起きる冷え性が、この循環不良型冷え性です。
循環不良型冷え性②
循環不良型冷え性は血液の循環が悪くなって起きる症状です。この循環不良型冷え性の人は電磁波にも要注意です。
セルライト型冷え性①
セルライトとは美容面で問題にされるものです。しかしセルライト型冷え性、と言われるようなセルライトが原因となって起こる冷え性もあるのです。
セルライト型冷え性②
セルライト型冷え性とはセルライトができることによって起きる冷え性です。この冷え性、体に悪い循環を生み出す厄介な冷え性なのです。