冷え性チェック①

自分が冷え性かどうかご存知でしょうか?ここにあるチェックにいくつもあてはまるようでしたら、冷え性の可能性が高いと言えます。


冷え性は自分で自覚のある人もいれば、まったく自覚はないのに実は冷え性だった、という「隠れ冷え性」まで様々な症状が見られます。今からあげるような症状、状態に当てはまる部分があれば、冷え性を疑ってみる必要があるかもしれません。

手足が冷たくなってしまう、布団に入っても足の冷えから眠れない、というのは冷え性の典型的な症例といえるかもしれません。しもやけも冷え性の人がよくなるもの、といわれています。逆に頭ののぼせや手足のほてりも冷え性の症状として現れることになる、というのはあまり知られていないかもしれません。

頭痛や肩こり、腰痛や生理不順、生理痛、動悸というのは、冷え性の人が合併症としてあげるものであり、こういったポイントにいくつも当てはまる人は今冷え性の自覚がなくても気をつけなくてはなりません。

お腹の状態によっても冷えを調べることができます。お腹がよくはる、痛くなる、という症状も冷え性のポイント。下痢だけでなく、まったく逆の便秘症状も冷え性の人がなりやすい症状にあげられています。トイレが近い、という人も冷えに注意する必要があります。

普段運動不足になっている人は血流が悪くなって冷え性になりやすいと考えられますし、以前無理なダイエットをした人はホルモンバランスの崩れによる冷え性を発症する可能性が高いと考えられます。

※こちらの情報は2008年5月現在の情報となっております。