冷え性に効くツボ-ツボ押しのポイント②

冷え性に効くツボ押し。このツボ押しはいくつかのポイントを守ることでさらに効果が高まります。


冷え性に効くツボは是非冷え性対策の一環として利用したいところ。しかしこのツボ、ただ押えるだけでは十分な効果が得られません。十分な効果を得るためには、まず実際に冷え性に効くツボを押す前にもポイントがあります。


そのポイントとは、心身ともにリラックスできる状態でツボ押しを行う、ということ。
どこか心が落ち着かなかったり、イラついているときにツボ押しをしても十分な効果は得られません。たとえば就寝前など、心身ともにリラックスした状態で、ゆったりとした時間の中で行うようにしましょう。

就寝前であればできれば素肌になって行うとより冷え性に対する効力を高めることが出来ます。「素肌はちょっと…」と言う人であれば、薄めの上着を羽織るようにしてください。つまり、厚着しないほうがツボ押しの効果は高まる、ということですね。


風邪で熱があったり、あまりに疲れていてすぐにでも寝てしまいそうだったり、お酒が回って酔っ払っているときはツボ押しには不向きです。いくら冷え性を解消したいからといっても、こういった日はまずツボ押しよりも体自体を休めてあげるようにしましょう。
また食前食後もツボ押しには不向きだといわれています。食前食後10分はあけてから行うようにしましょう。

ただ冷え性を解消するためのツボを押す、というだけではせっかくツボ押しをしても十分な効力が得られず勿体ないです。最もツボ押しに効果的な方法、時間でツボ押し療法を試してみてはいかがでしょうか。

※こちらの情報は2008年5月現在の情報となっております。