冷え性と足湯①

最近よく見られるようになった足湯。この足湯、冷え性にも効果のあるものです。


最近、温泉地などで足湯が出来る、というところをよく耳にします。足湯とは文字通り足だけをお湯につける「入浴」のことですが、この足湯も実は冷え性に効果があるのです。この足湯、何も温泉地だけで行うものではありません。自宅でも冷え性対策として効果的に用いると良いものなのです。


たとえば、風邪などの病気のときや、怪我をしてしまっているとき。女性であれば生理中など、体は冷え切って仕方がないのに、どうしてもお風呂に入ることが出来ないことがあります。冷え性の人はお風呂に入ることで温熱効果を得、冷えを和らげることができるのですが、それがままならないときはこの足湯をすると良いでしょう。

足をつけることが出来ない、足を怪我している人は手をお湯につける手浴をするようにしましょう。手浴は手先の冷えた部分を温めてくれることはもちろんですが、特に頭痛など首から上の症状に効果があると言われています。たかが足湯、たかが手浴、と侮ってはいけません。足湯や手浴の効果は通常の、全身入浴と変わらないほど、とも言われているのです。


この足湯、冷え性にも効果があるのですが、体調が悪くなりかけているとき、「風邪をひきそうだな」と思うときにすると、風邪の予防などに大変効果的だともいわれています。また冷え性対策として行うと良い足湯ですが、この足湯は、他の人と比べて冷え性の人の場合なりやすいといわれている、血流の悪さから起こる静脈瘤も改善すると考えられます。

※こちらの情報は2008年5月現在の情報となっております。