足の裏たたき冷え性対策

冷え性の人は暇なときにブラシを持って足の裏を叩いてみましょう。それだけでも冷え性対策となるのです。


冷え性対策として、足の裏を刺激することも効果的な方法として挙げられます。具体的に冷え性に効くツボを押える方法もありますが、そういった特定の箇所を押えるのではなく、何かのついで、何かをしながら足の裏を刺激することでも冷え性に効くと言われます。その刺激するのに使うものも非常に身近なもので良いのです。

その「身近なもの」の一つが、ブラシです。そう、髪をとくブラシのぼこぼこした部分で足の裏を叩くのです。
取っ手のついたブラシを手に取り、後は足裏を叩くだけ。右、左、それぞれ5分ほど叩く間は何をしていてもかまいません。音楽を聴いていても良いですし、テレビを見ていても良いです。ただ両足の裏をブラシでとんとんと叩くだけでよいのです。


お風呂に入ったときであれば、是非たわしを用意して活用しましょう。体を洗うときに、たわしで足の裏をこすります。足の裏だけでなく、足首の所辺りまでこするとよいでしょう。最初のうち痛みを感じていても、続けているうちに慣れてきます。慣れるどころか、不思議とちょっと気持ちよくなってくるのです。


こうやって足の裏を刺激することにより、特に足先の冷えが解消されてきます。「ながら」作業で簡単に出来ることですので、是非一度試してみてはいかがでしょうか。

※こちらの情報は2008年5月現在の情報となっております。