冷え性には赤いパンツ

冷え性対策として「色」の効果を用いてみてはいかがでしょうか?赤のパンツは色の効果を用いて冷え性に効果的だと言われています。


冷え性対策としてちょっと面白いものを取り上げてみましょう。その対策に用いるものとは、「色」。人の体に働く色の効果を用いて冷えを改善しよう、というのです。


色の中には、人の体温をあげたり、血圧を上げたり、脈拍数をあげたり…という色が存在します。そういった色の効果は実験により証明されているのですが、その色の効力を利用して冷え性対策に用いよう、というわけです。
特にその人の体温をあげる色の下着、パンツをはくことにより、下半身が温まると考えられています。その「色」で、綿か絹の天然繊維で出来たパンツをはくととても下半身が温まり、冷え性には非常に効果的というのです。

ではその色とはいったい何色か気になるところですよね。その下着にはくと冷え性に良いとされるのは、なんと赤色!色鮮やかな赤のパンツをはくと下半身が温まり冷えに効くと同時に、冷えによって弱まった体を復活させてくれるのです。

パンツはおへそ近くに身に着けるものでもあります。おへその下には丹田というツボがあるのですが、このツボは体を元気にさせる効能があるとされています。その丹田に赤の作用が働いて、心身ともに元気にしてくれるのがこの赤のパンツなのです。


色鮮やかな真っ赤なパンツはちょっと派手かもしれませんが、冷え性に苦しんでいる人は一度本当に効くのかどうか実験的に試してみても面白いかもしれませんよ。

※こちらの情報は2008年5月現在の情報となっております。