冷え性対策特性カイロ

冷え性の人にとって大切なカイロ。ここは一つお手製特別カイロを作ってみてはいかがでしょう。


冷え性の人であれば冬場、手放せないものの一つにカイロがあるのではないでしょうか。最近では従来の手に持つタイプのカイロだけでなく、衣服に貼るカイロ、靴の中に入れるカイロ、靴下に貼るカイロと様々なカイロが登場しています。しかしここで紹介するのはそういった既製品のカイロではありません。自分で作るお手製のカイロです。

通常のカイロは鉄分が入っているものですが、このカイロは素材から違います。ここで使うのは、発泡スチロール。スーパーで肉や魚を売るときに入っているトレーで良いのです。においが気になるようであればしっかりと洗ってまず干していたら良いでしょう。これを部分に合わせた大きさに切って、冷える部分、特に足の裏や腰の部分に貼りつけます。


足は足と靴下の間に入れると良いですし、腰はシップのように切ってじかに貼り付けます。貼り付けるときに使うのは、医療用のテープかそういったものがなければ絆創膏でかまいません。肌が荒れないようなテープで発泡スチロール製カイロを固定します。そうしていると、だんだん汗をかいてくるのがわかると思います。これは自分の体温を発泡スチロールで閉じ込めて温めるのです。


発泡スチロールは発泡スチロール自体が発熱するものではないので、じかに肌に貼り付けても通常のカイロのように低温やけどをすることはないので安心して利用してください。

※こちらの情報は2008年5月現在の情報となっております。