冷え性と貧血②

冷え性と貧血を予防するのに欠かせないのは、鉄分。鉄分は多くの大事な役目を果たしています。


冷え性の人、特に冷え性の女性の人は貧血を合併しているケースが見られます。貧血もまた、冷え性の原因となるのです。ですので、食生活において貧血予防を心がけると、冷え性の症状の軽減にもつながります。


貧血予防に欠かせないのはなんといっても鉄分です。鉄分は様々な機能を備えています。そのどれもが体には欠かせない重要な機能。冷え性にも大きく関わる体温調節機能や、細胞内のエネルギーを生み出す役目、細胞の呼吸、代謝など、ざっと挙げただけでもこれだけ重要な機能を秘めているのです。また鉄分不足は運動能力も低下させてしまうので、それもまた冷え性になる原因となります。


鉄分は摂取すると同時に、毎日体外に出て行くものもあります。また女性は生理などでどうしても鉄分は失われやすくなってしまいます。それを見越して、20歳代の女性であれば一日12mg摂取することが理想的だとされています。


貧血も冷え性も体にとってはどちらも辛いこと。鉄分を摂取することによりどちらも改善されていくというのですから、こんなありがたい話はありません。一日鉄分12mgを目標に、鉄分がよく含まれている食材を選んだ上で、鉄分が体に吸収されやすい食べ方、他の食材との組み合わせで食事メニューを組み立ててみてはいかがでしょうか。

※こちらの情報は2008年5月現在の情報となっております。