冷え性には熱いもの

最近は空調設備の広がりに伴って季節とは関わらず「適温」に保たれるようになっています。冷え性の人は是非、一年を通じて熱いものを食べるように心がけましょう。


冷え性を改善する食事方法の一つに、「熱いものを食べる」ということがあります。単純なようですが、重要なこと。特に空調施設が整っている現代であれば「夏でも熱いもの」を食べる必要がある、と言えます。


昔は四季がはっきりしている日本において夏に「冷え」など無縁のものでした。しかし現在、暑い夏には冷房がしっかりときいているため、体自体が冷えに敏感になってしまっていました。それは冬にも言えることで、寒い冬は逆に暑すぎるほどの暖房がきいている、ということも少なくなくなっています。外は寒いのに室内は暖房で暑いために冷たいものを摂る、ということでは、さらに体は冷えてしまいます。


このような状況では「夏は暑いから熱いものは食べなくても良い」という当たり前のような考え方は通用しません。夏は確かに冷たいものが美味しい季節ではあると思いますが、冷房で冷やされきった体はむしろ熱いものを求めています。温かいスープや麺類など、温かいものを摂ると冷えには有効です。


もちろん暑い夏だけでなく、従来どおり寒い冬にも熱い食べ物は摂取するべき。冬は食材にも恵まれ、熱々の鍋が美味しい季節ですが、そういった食べ物を食べることは冷え性には良いことだと言えますね。

季節感がなくなっている、と言われる昨今ですが、冷え性対策の食事法としてはあえて季節感をなくし、どの季節でも熱いものを食べるように心がけると良いでしょう。

※こちらの情報は2008年5月現在の情報となっております。