冷え性対策調理法

冷え性に良い食物、悪い食物は様々。それらが覚えられないと言う人は是非冷え性に良い調理のポイントを一つ覚えておきましょう。


冷え性の人は出来るだけ食生活の面からも体を温めるよう努めたいもの。体を温める食物、冷やす食物を正確に覚え、食卓に取り入れていきたいものです。

…とはいえ、世の中に山のようにある食材のすべてについて「これは体を温めて、これは体を冷やす」と判断するのはよほどの専門家でなければ難しいでしょう。冷え性の人は是非興味を持って調べてみると良いと思いますが、ここではもう少し簡単に体を温める食事を作る方法を紹介したいと思います。

それは、簡単に言うと、出来るだけ加熱調理をするということ。
煮る、ゆでる、焼く…熱を加えた調理であれば、どのような方法でもかまいません。とにかく生ものをそのまま食べるのではなく、一度火を通してから食べるように心がけるのです。

なぜこのような方法を薦めるかというと、体を冷やす食物、たとえば葉野菜などであっても、一度火を通すことによってその性質が一変、体を温める食物に早変わりするからです。この特性は葉野菜だけでなく、他の食物にも見られます。

つまり体を冷やさないためには、加熱調理をした食事を食べるのが一番手っ取り早い、ということ。
「これは体を温めるの?冷やすの?」と性質のわからない食材を用いる場合、冷え性対策としては出来るだけ加熱調理してから口にするようにしたら良いということです。食物一つ一つの性質を覚えることが出来なくてもせめて「火を通す」という冷え性予防策だけはおさえておくと良いでしょう。

※こちらの情報は2008年5月現在の情報となっております。